趣味嗜好など自由をメインとした個人メディア。

RISLOPE

カテゴリー

PC 周辺機器

USB Type-Cの変換ハブ(4K対応HDMI)MacBook Pro専用/SATECHI

更新日:

Pocket

Macbook Pro 13/15インチ用の変換ハブを買い換えました。

今回買ったのはSATECHIのUSB Type-C変換ハブ。

HDMIもついており、しっかり4Kにも対応しているモデルです。

MacBook Pro専用なのでお間違いなく。

 

今回購入に至ったのは、ずっと使っていた変換ハブがかなり場所を選ぶんですよね。

そちらの使用感などはそう言えば記事にしていなかったな。。

とりあえず良さ悪さの比較しながら書いていきます。

 

SATECHIのMacBook Pro専用USB Type-Cの変換ハブ

左から

  • SD/Microカードリーダー(104MB/s)
  • USBType-Cポート(5Gb/s)
  • USB3.0ポート×2(5Gb/s)
  • Type-C PD(5k/2x4k@60Hzビデオ・40Gb/s)

先端には

  • 4k HDMI (30Hz)ビデオ出力

商品の情報は上記のような感じです。

 

ちなみに今まで使っていた変換ハブがこちら

【3Q-LEVO】

  • USB×3(3.0/2.0/1.1)
  • SD
  • USB Type-C
  • HDMI

これはこれで良かったんですけど、PCの横にすぐPS4Proを置いているので、このケーブル部分がけっこう邪魔をして接触が悪かったりしていたんですね。

HDMIやその他USBなどを装着するのも苦労していました。

実際スペースが確保できればとくに買い換える必要はなかったと思います。

 

買い換えたSATECHIの変換ハブを装着すると

こんな感じになります。

本体にシート貼っているのでちょっと浮いて見えちゃいますね。

 

けどしっかり差さってるので安定感ありますね。

HDMIの差し込み位置も、自分のモニターの位置に合うのでちょうどいい。

USB類の差し込みもスペースができたので刺しやすくなりました。

 

デスクを買うか変換ハブを買うかというところだったんですが、今のところデスクを置くスペースも確保できてなかったので結局変換ハブにしました。

 

うまく使えば今までの方のハブで行けたんですけど、今後は両方サイドから出来るようになったので、うまく用途に合わせて使っていく予定です。

価格は

8000円前後で通販で購入可能です。

以前まで使っていた3Q-LEVOの変換ハブは5000円ほどで購入可能。

どちらが良い?と言われれば、僕の現状ではSATECHIの変換ハブかな。

 

かと言って3Q-LEVOが悪いわけではなく、デスクに余裕があるのであれば十分に活躍できる変換ハブです。

本体の差し込みの数や種類も若干違うのでそこをチェックして購入すれば間違いはなさそうです。

 

SATECHIの変換ハブでは現在主にHDMIを差してマルチモニターで作業していますが、今のところ接触不良や不具合はありません。

 

USBの方も全く問題なく、なんだかんだスタイリッシュなこっちがお気に入りですね。

 

今までの接触不良のストレスから開放されたんで、良い買い物になりました。

 

 

-PC, 周辺機器

Copyright© "RISLOPE", 2019 All Rights Reserved.

 

Copyright© RISLOPE , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.