趣味嗜好など自由をメインとした個人メディア。

RISLOPE

STINGER WordPress アドセンス カスタマイズ

スマホの記事内だけにアドセンスを表示させる方法

更新日:

Pocket

記事を作成中、本来アドセンスを挿入するとPCとスマホの両方へ反映されますが、今回はスマホの記事内だけでアドセンスを表示したい場合の簡単な方法を記載しておきます。

 

スマホの記事内だけにアドセンスを表示させる方法は、いくつかあるようですが、自分でやってみて一番簡単でやりやすい方法をメモとして記載しておきます。

 

STINGER5/STINGER5-cheetahなどではうまく反映されましたが、他のテーマでは試していません。

 

『functions.php』をいじるので、もしこの記事内容で参考される場合はバックアップ等を行なった上でお願いします。

万が一デザインが壊れた時など責任など負うことはできませんのでよろしくお願いします。

 

スマホの記事内だけにアドセンスを表示させる簡単な方法

ワードプレスのテーマの編集で、『functions.php』の部分へ下のコードを追加します。

//ここに処理を記述していきます

function spcontents( $atts, $content = null ) {
if(is_mobile()) {
return '' . $content . '';
} else {
return '';
}
}
add_shortcode('sp-nomi', 'spcontents');
上の『add_shortcode('sp-nomi', 'spcontents');』で赤文字に記した部分は変更できます。

 

『functions.php』への追記ができたら、実際にアドセンスを記事に挿入してみます。

記事への挿入の仕方

[sp-nomi]
アドセンスコード
[/sp-nomi]

上で指定した赤文字の部分を使ってアドセンスを囲みます。

 

ここの場合は[sp-nomi]アドセンス[/sp-nomi]で指定していますが、基本的にやり方としては『functions.php』で指定した文字と、記事内に入れる文字を合わせる形でうまく反映されると思います。

 

このブログにもスマホのみ表示する形を施していますので、試しにこの文の下にアドセンスを置いてみます。

PCで見た場合は表示されていませんが、スマホでアクセスした場合はうまく表示されていると思います。

 

アドセンスを挿入する際少し手間に感じるかもしれませんが、エバーノートやメモなどにあらかじめスマホだけ表示する際のコード付きのアドセンスコードを置いておく方法や、辞書機能を使う方法などでカバーできると思いますのでやっておくと便利です。

 

プラグインやmoreタグ、hタグの上などに入れる方法もありますが、今回は手動で楽に入れる方法としてメモしておきます。

-STINGER, WordPress, アドセンス, カスタマイズ

Copyright© RISLOPE , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.