趣味嗜好など自由をメインとした個人メディア。

RISLOPE

健康美容

花粉症に一番効く薬は何?

更新日:

Pocket

花粉症患者です。

今回時期も時期なので「花粉症に一番効く薬」をご紹介していきたいと思います。

あくまでボク個人調べ。

薬は人によって合う合わない有りますからまとめたものから参考にしてみてください。

 

毎年この季節になると鼻水と目のかゆみ、悪化したときは喘息まで発症してしまうまぁまぁひどい花粉症の症状になります。

マスクはどうも性に合わない(顔がかぶれた経験がある)ので基本的に付けません。

そんな自分が使ってるお薬で聞くものを紹介しますね。

 

花粉症に効く薬

上にも書きましたが、薬の効き目は人それぞれ。

合う合わないがあるのは理解されている方も多いと思います。

まずは薬の強さからみていきます。

薬の効果・強さ

アレロック >ジルテック > ザイザル > アレジオン~

左から順に効果が強い順番。

これに比例して眠気の強さも左から強い順になるかと思います。

 

アレロック

基本的に市販での販売はされていないものです。

病院などで処方されるものなので、とにかく強い薬がほしいという方はお医者さんへ出向いて相談されるのが良いです。

眠気作用もトップクラスなので、運転や何かの作業前には控えたほうが良いかもしれないですね。

 

ジルテック

こちらは市販薬にもこの成分が入っている薬があります。

花粉重度の方もレベルの薬であれば実感できるのではないですかね。

花粉症だけでなく蕁麻疹やかゆみなども抑えられる効果が備わっているそうです。

 

CMでもよく見かけるコンタックZなどがそれです。

コンタック鼻炎Z 14錠(ザグザグ通販)

もう一つ有名なお薬ではストナリニという薬がそうですね。

ストナリニ Z 14錠(くすりのインディアン)

 

ザイザル

続いてザイザルですが、これは上の2種よりは効き目としては低いもの。

あまり強くない薬がお好みの方はこれくらいの薬が良いですよね。

 

ただザイザルに関しては市販薬ではないんですね。

なのでこちらは基本的に病院での処方になります。

目的によって薬を選ぶ方法も

症状が異なる場合に合わせて薬を選ぶのも効果的。

「くしゃみ・鼻水が止まらない」

この場合は「抗ヒスタミン薬」が効果的なので、それにあった薬を服用すると効き目を感じやすい。

上の3つの市販薬がくしゃみや鼻水に効くとされています。

 

「鼻づまり」

こちらは「抗ロイコトリエン薬」が聞きます。

こちらは市販薬はなく処方薬なため、鼻づまりにお悩みの方は病院へ行くのがベストなんですね。

 

花粉の薬が効かないという方にはこの場合が多かったりします。

鼻づまりに聞くとされているのは主に上の3種などがあります。

 

効き目が強いとして紹介したコンタック鼻炎Zは一応どちらにも効果が期待できるようです。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、涙目、喉の痛みなど全体的にも効果があるんだとか。

 

ここへ記載しているのは自分に効く一番の花粉症の薬ってどれだろう?と思って調べたものなので、効果を保証する事はできませんので服用する際は自己責任でお願いします。

 

ちなみに僕の症状は鼻づまり、鼻水くしゃみ、喘息発症と様々なのですが、現在コンタック鼻炎Zを服用しています。

これがベスト言えば難しいですが、鼻の奥がかさかさになる不快感もなく、効き目も感じられるのでこれを使っています。

 

色々服用して試すのが一番はっきりするんですがね。

わからない場合は病院で診てもらうのが一番です。

 

少しでも参考になれば幸いです。

-健康美容

Copyright© RISLOPE , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.