カテゴリー

時事記事

印鑑で失敗しない方法と失敗しない印鑑

更新日:

印鑑で失敗してしまうことはまぁまぁありますよね。

失敗しないにしても印鑑を押すときには文字の向きやらしっかり押せてるのか気になってしまいがちですから、「私印鑑押すの得意です」って人はそんないないはず。。

 

で、今回ちょっと失敗しない印鑑と、失敗しない印鑑の押し方を書いておこうかなと思ったところです。

 

失敗しない印鑑の押し方

最近はテレビでも結構裏技的な方法が紹介されてるのでご存知かと思います。

それも合わせてきれいに押せるコツを書いておきますので見直してみてください。

  • 印鑑の文字の部分にティッシュや朱肉が詰まっている
  • 押す場所が悪い
  • 朱肉は強く押さず、軽めにポンポン刻むような形でつけるのがベスト
  • 垂直に押す

みたいなところが基本的に気をつけるところですが、最終的にやっぱり押す瞬間は震えちゃったりして不安です。

 

なので最近は割り箸の袋を使う方法が結構一般的に知られてきていますよね。

ざっくり方法を書いておきます。

■方法

  • 印鑑を押す紙の下に割り箸の袋を敷く
  • 箸袋の底が印鑑を押す部分へくる様にする
  • 印鑑を押しつけながら(手の腹でかみを抑えながら)割り箸の袋を引く

動画⇛印鑑裏技

動画を見ればわかりやすいです。

便利な印鑑

さて今回わざわざなんで印鑑の話になったのかというと、「おーこれすごく良さそうな印鑑!」って言うモノを見つけたところから。

失敗しない印鑑の押し方っていうのは前置きみたいなところですね。

 

で、何がどう失敗しない印鑑なのかですが、物を見ればそういうことか!とわかります。

 

 

商品は下のものです。

プロジェクタースタンプ【12mm】 (楽天市場)

 

ね。

持つだけで光るので、斜めにずれちゃったってことが限りなくなくなるんですよ。

 

印鑑での心配は、一番は「ちゃんときれいに押せているか」というところですが、それ以上に時間がかかっちゃいそうなのがやっぱり「文字の向きがあっているか」ですからね。

 

これは自分で持つのもいいですけど、就職祝いだったり何かしらのきっかけにプレゼントすると喜ばれるんじゃないかな。

 

印鑑にプロジェクター昨日を搭載するっていう発想はでてきそうで出てこなかったな。

お値段はお店にもよりますが約10,000円ほど。

 

まぁまぁお値段も高いですが、おしゃれさを出したい方はぜひ!笑

 

上のリンクは一番安いお店だったので興味がある方はチェックしてみてください。

 

 

-時事記事

© 2021 RISLOPE Powered by STINGER