カテゴリー

その他

Facebookで知り合いにバレたくない人がすること。

更新日:

Pocket

Facebookは今や個人で使うものだけでなくて、ビジネスに運用されている方もかなり多いSNSであり、会社によってはFacebookアカウントを持つこと自体が必須なところもあるくらい。(自分がそうでした)

でも実際知り合いにバレたくないとか、本名が必要だからっていう理由で始めること自体やめてる人もいるんじゃないかと。

 

たしかにあの「知り合いかも?」に出てくる人たち、だいたい知り合いだ!笑。

その知り合いかもの精度には驚きを隠せないのも事実だよ。

でも新しく始める前提だったらうまく知り合いにバレない方法で始めることができるんですよ。

た、たぶんね。。笑

 

Facebookで知り合いにバレたくない人がすること

まず新しく立ち上げることが前提なのでその上で話を勧めていきます。

あと本名を入力しなければならない(強制的に終了されることを懸念した場合)という時点で、完璧にバレない方法はなかなかありません。

  • 全く新しいアドレスを用意(Facebook用に)
  • ローマ字で名前を打ち込む(検索に引っかかりにくくなる)
  • 友達検索を有効にしない
  • 連絡先を読み込ませない

基本的には連絡先や、自分のメールアドレスから広がるので、メールアドレスを差別化しておけばそこから広がることは少なくとも無いでしょう。

 

取得したメールアドレスは誰にも教えないようにね。

 

名前は一応本名登録が基本としているため本名を入れますが、入れるときにローマ字にするだけで検索で探されにくくなります。

 

まぁ、ローマ字で検索したら出てきちゃうんだけどな。。笑

 

なのでプライバシー設定で多少なり工夫します。

生年月日・学歴・電話番号・メールアドレス・居住地・友達・写真などの公開設定ができますし、公開範囲も全員に公開から「友達」、「友達の友達まで」、「特定の人のみ」、「特定の人以外」または「自分のみ」と幅広く設定できるんで、ここの設定でも知り合いにバレにくくできます。

 

知り合いにバレたくないっていう形をとるとやっぱり難しいんですよね。

 

だがしかし、Facebookの考え方もゆるく改善されたこともあり有効になりつつある偽名登録もしやに入れて良いかもしれません。

 

迷いなく偽名を使おう。

ハナからこれ進めろやって話なんですけど、Facebook自体が実名登録のポリシーをゆるく設定し直してるんで、偽名を使っての登録がしやすくなっているんですよ。

 

色々あるんですよね、「実名での登録が一部のユーザーを危険にさらしている」っていう話があったり。

 

まぁストーカーだったり実名だからこそ起きてしまう事件や問題があるのも事実なんで、Facebook側も条件付きで偽名でOKにしたっていうことだそうです。

でもFacebookは実名登録っていうポリシーをなくしてしまったわけではないと言ってます。

 

今まで認められていたのは友人などへの確認等が行われて判断された場合だったけど、今の現状は本人の説明ありきでの登録でスルーできるようになっているというところ。

 

ここで言えるのは強制終了のハードルはそこまで変わってないけど、登録時点でのハードルがだいぶ軽くなっているってとこですね。

 

まぁそこさえ通ればかなり強制終了される確率も低くなるので十分Facebookも取り組みやすくなったんじゃないかと思います。

 

始めたいけど始めにくいなぁって考えてる人、もうちょっとラフに考えて始めても悪くないと思いますよ。

 

偽名ってなると何かあったときや起こしたときには大ダメージを食らいそうですけど、何も大きな問題抱えなければ全然やれると思います。

 

一応言いますが、偽名で始めることを推薦してるわけではないのでお間違いなく!

 

-その他

© 2020 RISLOPE Powered by STINGER