カテゴリー

PC 周辺機器

LogicoolのK780(Bluetoothキーボード)1年使った感想

更新日:

Pocket

ワイヤレスキーボードを導入して約1年経ちました。

僕が使ってるのはLogicoolのK780というBluetoothで接続するワイヤレスキーボードなんですけど、これがすごい良くて。。

K780はファンクションキーのF1~F3でデバイスの切り替えが可能っていうのがまず大きな特徴で、最大3台まで対応しているWindows、Mac、スマホ、タブレットなどがワンタッチで切り替え出来る。

今のところもし壊れたりして買い換えるならこのK780。

 

まぁ使いやすさと言うか慣れが大きいのもあるからこれ以上欲しい機能がついたものがでない限りは使い続けそうです。

テンキーがついてるのが今となっては譲れない要素かな。

 

LogicoolのK780(Bluetoothキーボード)

ボタンと打鍵感

見た目通りボタンが丸型なんですけど、実際文字を打って他感触はしっかりしていて、「押している」という感覚があります。

押している感はあるけど、重たいというわけではないのと、音も静かです。

バリバリ打ち込んでます!っていう音がほしい方はちょっと物足りないかもしれないですけどね。

重さ

気に入っているのは重さ。

875gと重ためな重量ですけど、それが安定感を生んでいて逆に良い。

持ち運びにはかさばるかもしれないですけどあんまり持ち運ぶ用途はないですよね。

ノートパソコンだけ持ち運べば良いわけですから問題ないです。

接続楽勝

はじめに接続設定などありますけど、取説読めば特に問題もなくできます。

その後のデバイスごと接続はワンタッチなので悩むこともないです。

ファンクションキーのF1〜F3にそれぞれのデバイスを設定すれば、そのボタンを押すだけでデバイスを選択でき、約1秒後にはそのデバイスでキーボードを使うことができる。

複数のPCやタブレットで使いたい人はかなり重宝するんじゃないかな。

デバイスを立てられる

これはSurface4とiPhone6。

この2つも問題なく立てかけられます。

 

横からのアングルはこんな感じ。

上のタブレットみたいなのはSurface4。

カバー付きですけどギリ大丈夫。

自分が持ってるものでダメだったのは、ちょっとゴツめのケースを付けていたiPhone7Plus。

多分普通のケースだったら大丈夫じゃないかな。

手帳タイプは難しいものが多いと思います。

電池の持ちが良い

びっくりしてるのがこれかな。

単4電池2個で稼働してるんですけど、1年経つ今もまだ動いている。

年に1回位は交換するんじゃないかなと思ってましたけど付属してた電池の性能が良いのかな?

1年経ってもまだ満タン状態!笑

こまめにK780本体の電源は切るようにはしてたけど、結構忘れて何日かつけっぱなしになることがあったんだけどね。

 

これだけ持つんだから電池のストレスは全く無いです。

 

この写真みたいな使い方はしてませんけど並べてみました。

 

基本的にはでかいモニター用にこのワイヤレスキーボードを使ってるんですけど、今後しばらく買い換えることもないでしょう。

 

強いて悪いところを上げるなら、たま〜に文字を打つときに「ああああああああ」とか同じ文字列が連打されてしまうことがあります。

月に1度か2度くらいですけど特に理由がわかりません。

 

多分Bluetoothの接続不良か何かなのかなと思ってます。

あまりにひどいようなら気になるんですけど、スイッチ機って入れ直したら直ったりするんでそこまで気にはしていません。

 

Macユーザー、Windowsユーザーにも使いやすいボタンなんで、両方使う事がある方はこれ一択でOKだと思います。

1万円と高いですけど1年間バリバリ使った割に問題なく使えましたから十分。

 

 

-PC, 周辺機器

© 2020 RISLOPE Powered by STINGER